2005年01月04日

スマトラ沖地震津波 国別被害状況(2005年1月4日現在)

 スマトラ沖地震から発生9日目の今日、被害者数は拡大し、各国の被災地で衛生環境の悪化が深刻化している。ロイター通信によると、スマトラ沖地震と津波による死者数は3日現在14万人に達し、国別・地域別の死者数は以下のとおりである。(数字は各国の政府と公衆衛生当局の報告に基づいている。)

バングラデシュ: 2人
アフリカ東部(ケニア・セーシェル・ソマリア・タンザニア): 137人
インド: 14,872人
インドネシア: 94,081人
マレーシア: 74人
モルディブ: 74人
ミャンマー: 59人
スリランカ: 29,744人
タイ: 5,046人
合計: 144,089人





スリランカ
被害者の3割以上が子ども


情報源: 毎日新聞 朝刊3面
日付: 2005年1月4日

 毎日新聞によると、スリランカ東部のバティカロア県をユニセフ・スリランカ支部の担当者が調査した結果、死者のほぼ7割が児童だったと述べた。このケースの主な理由としては、子どもの人口比率が高いことの他に、子どもは波や漂流物に抵抗する力が大人より弱いこと、津波の襲来が日曜の朝から日中にかけてで、多くの子どもが海岸に出かけている時間帯だったということが挙げられる。


インド

 南インドで最大の被害が出たタミルナド州の街ナガパティナムでも、4000〜5000人の犠牲者の3分の1以上が子どもだったとみられる。地元住民によると、原因の一つは子どもが学校に行かない日曜の朝に津波が発生した点であると指摘した。津波発生時、住民は陸に向かって逃げようとしたが、抵抗力のない子どもたちまず津波にのまれ、その次ぎには女性が波に消えたと言う。

* 著作権は情報源に帰属します。
* この情報はCODE事務局スタッフによる仮の概要です。




マレーシア
マレーシアがインドネシアの緊急支援のために飛行場を提供


原文URL: http://www.reliefweb.int/w/rwb.nsf/6686f45896f15dbc852567ae00530132/95d2800c8aecd6ef49256f7e0022cdab?OpenDocument
情報源: Agence France-Presse
日付: 2005年1月3日

クアラルンプール,1月3日(AFP)

 マレーシアはインドネシアの北端アチェでの緊急支援活動のためにアメリカと国連に2つの空港を提供した。

 マレーシアは日曜に2歳の少女と57歳の女性が病院で死亡したため、死亡者数が68人に増えた。いまだ8人のマレーシア人が行方不明である。

 マレーシアは他の国より、地震の震源には近かったが、インドネシアのスマトラ島が防波堤になり、津波の被害は少なかった。しかし、National Union of Tamil School Teachers、将来また起こりうる災害に備えるために、地震や津波のような災害の教訓を学校で教えるように主張した。

* 著作権は情報源に帰属します。
* この情報はCODE事務局スタッフによる仮の概要訳です。
posted by code at 14:39| 国別被害状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月31日

スマトラ沖地震津波 国別被害状況(2004年12月31日現在)

 スマトラ沖地震と津波による被害者は増え続け、ロイター通信によると(31日13:22)、死者は発生から5日目の現在12万5千人に達し、インドネシアだけでも約8万人を越えた。数百万人の被災者が食糧や清潔な水を求める一方、新たな津波が発生するといううわさが人々を脅かしている。

そのような被災地を支援しようと、阪神・淡路大震災の被災地神戸で、募金活動がなされている。災害被災地へのボランティア派遣などをする学生中心のNPO法人「ブレーンヒューマニティー」のメンバーが、30日、元町のデパートの前で募金活動をした。大学生ら15人が街頭に立ち、自分たちができること、神戸だからできることを呼びかけに募金をつのった。

詳細は http://www.kobe-np.co.jp/chiiki/kobe/index.html


インド
被災地にいるCODE海外研究員マヌ・グプタ(インドNGO、SEEDS代表)の報告
 
情報源: マヌさんからCODEへのメール
日付: 2004年12月30日

CODEとインド西部大地震からのカウンターパートであったインドのNGO、SEEDS代表マヌ・グプタさんが彼のチームと一緒にアンダマン諸島のポートブレアで支援活動を行っている。以下の文章はマヌさんからの最新の現地報告である。

1. 30日の午後、インド政府による誤った津波警報があり、そのことがパニックを引き起こした。

2. 小アンダマン島のHutbayと大ニコバル島のCambell湾とCar Nicobar諸島から避難してきた人々のために、ポートブレアで2つの救援キャンプを建てた。この救援キャンプはポートブレアにあるNirmala SchoolとSchool Lineにあり、現在1100人以上の人々がいて、さらに人数が増えると予想している。救援キャンプにいる人々にはシェルターや食糧、基本的な衛生設備が提供されている。

3. 避難民の多くはココナッツ農家の人々か、島で豚小屋を運営している人々である。

4. Nirmala Schoolでのキャンプは効率よく運営されている。私たちはここでテントやトイレ等を提供し、その他にも充分なサービスも提供しようとしている。もう1つのキャンプは注意を払う必要がある。地元のボランティアグループであるYuva Shaktiと20人のボランティアはキャンプを運営するために働いている。

5. 私たちはテントを建て、食事を準備、配給し、物資の郵送を組織し、衛星設備を提供している。私たちはこのような基本的な物資、設備の提供を続ける必要があり、使い捨てのお皿といった追加の物資の支給も必要である。石鹸、タオル、スリッパ、ベッドのシーツ、トーチ、所持品を入れるかばんのようなものも必要である。これらはこのあたりでは手に入れることができず、至急ポートブレアへ輸送されなければならないものである。

6. ダムから水質浄化センターへのパイプが被害をうけたので、深刻な水不足が起こっている。ポートブレアのホテルやレストランですら、水不足のため閉店している。

7. いまだにアンダマンとニコバルには私たち以外のNGOは活動していない。行政と小さな地元グループだけが活動している。彼らだけではとても十分ではない。調査に来るNGOもある。ポートブレアには私たち以外に2つのテントがあり、それらは行政に運営されている。

8. ニコバル諸島の地域が最も悲惨である。インド洋にこれらの島々があったが、人々は流されて、多くの死体は海岸には戻って来ない。統計によると、約1万5千人が犠牲になっている。

9. ポートブレアでもインフラ設備が大きな被害を受けている。行政は現在、コミュニティー、道路、空港、防波堤のようなインフラ設備を復興させようと取り組んでいる。

10. 行政は津波の恐怖のもとで、人々を被災地からポートブレアへ移動させている。

11. インドの本島から救援するのはとても難しい。遠い島へ移動することは実際不可能である。しばらくの間、SEEDSはポートブレアで避難者のための2つの救援キャンプを運営する予定である。

12. SEEDSは諸島の家の再建の仕事に取り組むため、段取りをしている。このために私たちはデータを集め始めた。イギリスのMap Actionが島の地図を作製して、私たちを支援している。今日(30日)の午後に私たちのチームはDistrict Collectorとさらに話し合う予定である。

13. グジャラート事務所の同僚のミタル(Mital)は救援キャンプを運営しているマヌ(Manu)とラジェシュ(Rajesh)を支援するためにポートブレアに到着した。

14. デリ事務所のロジスティックスオフィサーであるラクシュミ(Lakshmi)は必需品を調達し、救援物資を船で送るためにチェンナイに行った。ERM Delhiからのボランティアであるスマティ(Sumati)はラクシュミに同行した。チェンナイでは、彼らは地もとのボランティアから支援を受ける予定である。

15. インドや他の国の多くの人々が、アンダマンで行方不明になった彼らの友達や家族についての情報を得るために、私たちに連絡してくる。私たちは島の中心にある共通のボードで、行方不明者の詳細についての情報を載せたり、地元のラジオで放送する予定である。アンダマン諸島やニコバル諸島で行方不明の人々に関する情報があれば、その詳細とできればその人の最近の写真を貼付してinfo@seedsindia.orgへメールしてください。

16. 現在以下の物資が必要である。

短期間:
- 飲み水
- 石鹸やトイレ用品
- タオル
- ベッドシーツ
- トーチと電池
- スリッパ
- 大きく拡大することができるかばん

中期間:
- テント
- ベッド(マット)
- 台所用品

長期間:
- 住居
- 生活再建
- コミュニティー施設
- 防災プログラム

17. 救援キャンプはだいたい2週間運営される予定である。その後の段階で、家やコミュニティー施設の再建が始まる。

マヌさんからの報告は以上です。最新情報は、マヌさんたちのホームページであるhttp://www.seedsindia.org.で入手することができます。ここのホームページには、最新の状況レポート、アンダマン諸島の現地レポート、アンダマン諸島とニコバル諸島の紹介、国際的アピールが英語で載せている。情報は引き続き更新していく予定とのことです。

なお、インド全般についての被害状況や支援状況は以下のウェブサイトに書かれています。これは大地震、津波発生後にインドのグループが立ち上げた英語のウェブサイトです。
http://www.aidindia.org/CMS/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CODE海外災害援助市民センター

〒652-0801 神戸市兵庫区中道通 2-1-10
tel +81(0)78-578-7744 fax +81(0)78-576-3693
e-mail:info@code-jp.org 
【災害救援情報、セミナー情報は・・・】URL http://www.code-jp.org/
【災害から見える暮らしの情報は・・・】URL http://www.code-jp.org/wv
posted by code at 17:00| 国別被害状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

スマトラ沖地震津波 国別被害状況(2004年12月29日現在)

 新聞各社によると、スマトラ沖大地震と津波の死者は、発生から3日目の29日現在、約6万3千人に達した。津波による被害は過去最悪の規模で、今後も拡大する見通しである。国際機関や主要国などが支援物資の緊急輸送をはじめたが、通信や交通網が寸断されたままで、救援活動は遅れている。ロイター通信によると、29日現在で死者はインドネシアで2万7千174人、スリランカでも2万1千715人に増えた。このほか、インドでは1万2千419人、タイ1千516人モルディブ55人など。東アフリカでもソマリアなどで133人が死亡した。


ミャンマー
ミャンマーでは津波で90人が死亡、17の村が破壊

原文URL: 
http://www.reliefweb.int/w/rwb.nsf/6686f45896f15dbc852567ae00530132/f956fb4cd106fe47c1256f78004bfa8f?OpenDocument
情報源: Agence France-Presse
日付: 2004年12月28日
              
ヤンゴン,12月28日(AFP)

28日の国連の調べによると、ミャンマーでは、90人が巨大な地震による津波で亡くなり、17の村が破壊された。

ミャンマー政府によると、17の海岸に近い村が破壊され、犠牲者の数は拡大するであろうと言った。

軍の暫定政権は自然災害の情報をほとんど公開しないが、火曜日(28日)の記者会見では公式の死亡者数は36人であると言った。
ヤンゴンの南西のAyeyarwaddyという地域と、ミャンマーの最も南にあるタイとの国境のTanintharyiという地域が最も大きな被害に遭っている。西のRakhine州でも死亡者が出ており、特にCoCo諸島の海岸地域が被害に遭っている。

行方の分からない漁船もいくつかあるが、破壊された村についての詳細は提供されていない。

医療用品や清潔な水、食糧の配給といった人道的支援の提供は継続されると国際団体は言った。

「このような重大時ではあるが、支援は要請されていない」

国連は漁村のコミュニティーや海のジプシーと呼ばれる民族グループのSaloneとMokenについて特に心配しているAFPに言った。

ミャンマーでは2830キロメートルが海岸線で、観光地としてはわずかに発展しているだけである。関係者は、すぐに確定はできないがAFPに犠牲者の中には外国人旅行客はいないと言った。

* 著作権は情報源に帰属します。
* この情報はCODE事務局スタッフによる仮訳です。



ソマリア
ソマリア政府の報告によると津波の死亡者は100人


原文URL:  http://www.reliefweb.int/w/rwb.nsf/6686f45896f15dbc852567ae00530132/2a9959a7b94b1bc4c1256f7800330179?OpenDocument
情報源: Deutsche Presse Agentur
日付: 2004年12月28日
            
ナイロビ(DPA)

ソマリアでは、少なくとも百人の人々が地震後の津波で亡くなったとソマリア政府のスポークスマンが言った。死亡者には海岸地域に住んでいた人々と日曜に海に出ていた漁師がいるとのことである。地元のRed Crescentからの情報によると、40人から50人の死亡が確認された。被災地は遠方なので死亡者や被害の情報を集めることが困難である。 Puntland沿岸(ソマリア北東部)が最も被害が大きいようである。ケニア、マウリシャス、マダガスカルの北東にあるセーシェル島は東アフリカの中でも最も被害の大きい地域である。ソマリア政府のスポークスマンは「私たちの経済は漁業と家畜に頼っているので、今回は大きな打撃である」と国際社会に訴えた。
英語全文は原文へ

* 著作権は情報源に帰属します。
* この情報はCODE事務局スタッフによる仮の概要訳です。


インド
CODE海外研究員マヌ・グプタ(インドNGO、SEEDS代表)被災地へ

 
情報源: ManuさんからCODEへのメール
日付: 2004年12月29日

CODEとインド西部大地震からのカウンターパートであったインドのNGO、SEEDS代表マヌ・グプタさんが彼のチームと一緒に27日にインド南部の被災地チェンナイに入った。以下の文章はマヌさんからの報告書である。

Andaman諸島のPort BlairでキャンプとしているManuと私たちのチームから報告を受けました。これはその最新情報の要約です。

1. アンダマン(Andaman)諸島とニコバル(Nicobar)諸島では、緊急援助をしているNGOはない。行政と小規模の地元グループだけが活動している。
2. ニコバル諸島の地域が最も悲惨である。インド洋にこれらの島々があったが、人々は流されて、多くの死体は海岸には戻って来ない。統計によると、約1万5千人が犠牲になっている。
3. ニコバル諸島の地域は食糧、衣服、仮設住宅のような基本的な緊急援助支援を必要としている。
4. Port Blairでは大きな被害はない。だから、実際に行政が人々を被害が起きやすい地域から避難させ、津波再発の恐怖のもとで、Port Blairへ人々を移動させている。これは、今朝7時頃にもリフタースケールでマグニチュード6.2の地震が起き、この地域は比較的大きな揺れがまだ続いているためである。
5. Port Balirでは、4つの救援キャンプが行政によって運営されている。行政は、キャンプを運営するためのスタッフの数も物資の数も極めて不足している。赤十字はデリーからPort Blairへのチャーター便で救援物資を運ぼうとしている。しかし、彼らもまた、先遣部隊はなく、緊急物資の配給を手配する地元グループの能力も不確かである。
6. 本島から救援することはとても厄介である。離れた島へ移動する際には政府の許可が必要であり、それらの地域で独自に活動しているNGOはない。
7. 行政は私たちにPort Blair付近の二つの救援キャンプで活動するよう要請した。私たちは、12月29日の朝から約2000人規模のキャンプで、1,2日中には他のキャンプでも、活動し始める予定である。グジャラートの現地事務所からへ急いでアンダマン諸島人材をバックアップしている。 
8. 行政は長期的な復興の必要性について述べている。私たちはこの必要性を調べて、緊急時に命を救うことを最優先に取り組んだ後に、長期的な復興についての計画をたてる予定である。

最新情報は、私たちのホームページであるwww.seedsindia.org.で入手することができる。ここのホームページには、最新の状況レポート、アンダマン諸島の現地レポート、アンダマン諸島とニコバル諸島の紹介、国際的アピールが載せている。私たちは、情報を引き続き更新していく予定です。
posted by code at 22:19| 国別被害状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。